AfterShot Pro 3 効率化のために覚えたい基本(1)

AfterShot™ Pro 3

AfterShot™ Pro 3 は、RAW ワークフローに必要なすべての機能を搭載し、RAW 画像をすばやく現像して美しい作品に仕上げることができる超高速 RAW 現像ツールです。

AfterShot Pro 3 の製品ページに掲載されている、使い方を紹介したチュートリアルビデオにはさまざまな機能が紹介されています。どれも基本的な機能ですが、効率的に作業を進めるにはすべてマスターしておきたい機能です。今回から 5 回にわたり、チュートリアルビデオに登場する、ぜひ覚えておきたい機能を紹介します。

第 1 回は、画面の操作で覚えておきたい機能について紹介します。

1. AfterShot Pro の操作画面について(0:00~2:10)

写真を開くには:

AfterShot Pro は、他の RAW 現像ソフトのようにカタログを作成する必要がないため、すばやく写真を開き、編集作業を始めることができます。

  1. 画面左側のパネルの[ファイル フォルダー]タブをクリックする
  2. フォルダービュー を使って、編集する写真が入ったフォルダーを選択する
  3. フォルダー内の写真が、画面下部の サムネイル パネル に表示される
  4. サムネイルパネル から写真を選択すると、プレビューパネル に写真が表示される

次回の起動時には、最後に使用したフォルダーが自動的に開きますので、毎回開き直す必要はありません。

よく利用するフォルダーをすばやく開くには:

よく利用するフォルダーは、ブックマーク に登録すると便利です。階層が深いフォルダーでも1クリックで開くことができます。

  1. フォルダービュー で、よく利用するフォルダーを右クリックし、コンテクストメニューから「このフォルダーをブックマークする」を選択する
  2. フォルダービュー の一番上に、ブックマーク が表示される

作成した ブックマーク をクリックすれば、手順1で登録したフォルダーを開くことができます。

写真の向きを変更するには:

写真の向きは、ツールバーから変更可能です。

  1. 上部のツールバーの[時計回りに回転]または[反時計回りに回転]ボタンをクリックする。
    クリックするごとに、90°ずつ回転します。

画面レイアウトを切り替えるには:

AfterShot Proには、標準ビューサムネイルビュー画像ビュー の3つ画面レイアウトがあり、ツールバーから切り替えることができます。

  1. 上部のツールバーの[標準ビュー]または[サムネイルビュー]または「画像ビュー」ボタンをクリックする

各画面レイアウトには次の特長があります。

標準ビュー:
上部には プレビューパネル、下部には サムネイルパネル が表示されます。
写真を比べたり、切り替えながら編集するのに適しています。
サムネイルビュー:
プレビューパネル が非表示になり、サムネイルパネル が大きく表示されます。
多くのサムネイルを並べて表示できるため、写真のセレクトに適しています。
サムネイルのサイズは変更可能で、見やすいように大きくしたり、小さくしてより多く並べることも可能です。
画像ビュー:
サムネイルパネル が非表示になり、プレビューパネル が大きく表示されます。
大きな画面で作業できるため、写真の編集に適しています。

写真の表示を拡大/縮小するには:

プレビューパネル では、9%~800% の表示倍率で写真を表示することができます。
表示倍率を変更するには、次の3つの方法があります。

表示倍率を自由に調整する:
下部のツールバーの[画像ズーム]スライダーを操作して、希望の倍率に変更する
1:1の実サイズで表示する:
下部のツールバーの[切り替え 1:1 ]ボタンをクリックする
画面サイズに合わせて表示する:
下部のツールバーの[自動調整の切り替え]ボタンをクリックする。
再度クリックすると、直前の倍率に戻ります。