360°ビデオを編集して YouTube にアップロード

Pinnacle Studio 20.5 Ultimate

Pinnacle Studio™ 20.5 Ultimate は、360°ビデオにタイトルを追加したり、360°ビデオを標準ビデオに変換してビューパスを制御するなどの編集が行えます。

Single Fisheye(1×フィシュアイ)Double Fisheye(ダブルフィッシュアイ)Equirectangular(エクイレクタングラー、正距円筒図法)といった 360°全天球ビデオの人気フォーマットを利用可能で、360°ビデオの中に対応のタイトルテキストを追加することができます。

360°カメラは、機種によってさまざまな形式で全天周ビデオを記録しますが、YouTube の対応は Equirectangular(正距円筒図法)だけなので、360°アクションカメラなどでよく用いられる、フィシュアイ(超広角魚眼レンズ)等の形式はそのままだとアップロードすることができません。

この回では、Pinnacle Studio 20.5 Ultimate を使って、「YouTube 対応ファイルへの変換」や、「360°対応のテキストの追加」を行っていきます。

※ 本ページでは、360fly 社の 360° VR アクションカメラ「360fly™」を使用して撮影した映像を使用して紹介します。

360°ビデオの例:

Equirectangular(エクイレクタングラー、正距円筒図法)
フィシュアイ(超広角魚眼レンズ)

1. YouTube 対応ファイルへの変換

タイムライン上のクリップを右クリック-[Single FisheyからEquirectangular]等を選択します。

Pinnacle Studio 20.5 Ultimate を起動して、360°ビデオをタイムラインに読み、Single Fisheye(1×フィシュアイ)などで撮影された動画は Equirectangular(正距円筒図法) に設定変更します。

2. 360°対応のテキストの追加

タイトルを 360 度に変換しないと、360 度でプレビューした際、文字が引き延ばされてしまいます。

コンテンツから、お好みのタイトルを選択/入力した後、タイトルにタイムラインで[標準から360度に]を設定します。
変換しないで 360°ビデオとして再生した場合、テキストは引き延ばされて読みにくくなってしまいます。

3. 動画ファイルを出力して、Youtubeにアップロード

YouTube へのアップロードが完了すると、画面のドラッグ操作などで画角が変えられるようになります。

テキストの設定が完了したら、[エクスポート]から動画ファイルを出力しましょう。

YouTubeに360°ビデオとしてアップロードするには、アプリを使うなどして、ファイルに 360°ビデオとしての属性(メタデータ)を付加する必要があります。[YouTube ヘルプ]でも紹介されているので参考にしてください。

ファイルに属性(メタデータ)を付加したら、後はアップロードするだけです。

YouTube にアップロードした 360°ビデオ:

※ 360fly is a trademark of 360fly, Inc.