PDF Fusion 特別優待版

独自のアセンブリ編集機能を搭載したPDFソフト

【特別優待版 販売対象について】
Corel 製品(ハードウェア・ソフトウェアに付属されているバンドル版含む)、または他社製PDF編集ソフト - 『PDFソフト』:Adobe Acrobatシリーズ、いきなりPDFシリーズ、JUST PDFシリーズ、速攻! PDFシリーズ、変換!PDFおよび書ける!PDFシリーズ、書けまっせ!!PDFおよびPDFスイートシリーズ、瞬間PDFシリーズ、その他各社のPDF作成・変換・編集ソフト。
※Adobe Reader/Acrobat Reader、無料のPDF作成・変換・編集ソフトは対象外となります
※体験版、非売品版は対象外となります

  • パッケージ版
    6,458 円(税込)
    通常、2~3営業日以内に発送します。
    (日・祝日除く)
    ダウンロード版
    6,149 円(税込)
    30日間返金保証付き(ダウンロード版のみ)
Corel PDF Fusion

簡単操作のPDFソフト

Corel® PDF Fusionは、どなたでも簡単にPDF作成、編集、データ変換ができるPDFソフトです。信頼性/機能性とコストパフォーマンスを兼ね備え、技術資料の作成や事務書類複数の文書を統合した資料作りなど、様々な用途でご利用いただけます。

  • 対応するアプリケーションがなくても、デザイン入りファイルなどさまざまなデータを表示可能!
  • PDFファイルの作成や編集が簡単
  • ドラッグ&ドロップで複数の文書を1つのPDFファイルに変換(アセンブリ編集)
  • PDFやXPS、Microsoft® Word フォーマットでの出力に対応

体験版終了後も無料で使える機能

体験版の使用期限30日を過ぎても、対応ファイル形式であれば閲覧が可能。フリーのファイル閲覧ソフトとしてそのままお使いいただけます。デザインファイルの確認のためだけに、高価なソフトをインストールする必要はありません。

機能概要



Corel PDF Fusion - PDF作成 ステップ1:表示/PDF変換

状況に合わせて使い分けられる3つの表示形式

Corel PDF Fusionには、以下の3つの表示形式があります。

  1. ページ表示:
    テキストの表示、しおりの追加、注釈、テキスト修正など、最も一般的な表示方法

  2. フリック表示:
    本を読むような感覚で視覚的に参照、検索、表示

  3. アセンブリ表示:
    複数のソースを同時に表示して、ドラッグアンドドロップ操作で好きなページを簡単に組み替えることができます。
Corel PDF Fusion - 状況に合わせて使い分けられる3つの表示形式

ファイルに対応するアプリケーションがなくても、PDF Fusionをインストールするだけで表示可能!
PDFだけでなくMicrosoft® WordやExcel®、PowerPoint®のほか、Adobe® Illustrator®やAdobe® Photoshop®で使用されるファイルの閲覧にも対応しています。
さらに、デザイン入りファイルを開く際も、書式やレイアウトを維持して表示することができます。

Corel PDF Fusion - デザイン入りファイルも書式やレイアウトを維持して表示



Corel PDF Fusion - PDF作成 ステップ2:編集する

PDF文書の直接編集が可能

Corel PDF FusionならPDFファイルの作成はもちろん、PDF文書の直接編集も可能です。

文書のテキスト修正やページの順番変更、注釈やしおりの追加、ページ回転やハイパーリンクの追加を行うことができます。

Corel PDF Fusion - 状況に合わせて使い分けられる3つの表示形式

Corel PDF Fusion - 独自のアセンブリ編集機能搭載

独自のアセンブリ編集機能搭載

PDF Fusion独自のアセンブリ表示を使用すれば、PDF文書の中に別のPowerPoint®から好きなスライドを加えたり、Excel®の表やグラフを混ぜる、あるいはデザインデータのAIファイルなどをドラッグアンドドロップ操作で簡単に文書内に追加することができます。


【アセンブリ編集 特徴その1】

ページの並べ替えが簡単

アセンブリ編集では、既存の複数の文書のページ順番を、ドラッグ&ドロップで自由・簡単に入れ替えることが可能です。

【アセンブリ編集 特徴その2】

他文書からのページ挿入が可能

他のPDFファイルのページや、Word文書、Excelのグラフなど好きなページをドラッグアンドドロップ操作で自由に挿入、入れ替えが可能!

【アセンブリ編集 特徴その3】

複数ページの追加、削除も自由自在

アセンブリ編集では、不要なページのページ単位での削除や、特定ページを抽出して新しい文書を作成したり、複数ページを束ねて表示領域を圧縮することも可能です。

Corel PDF Fusion - アセンブリ編集の特徴1 Corel PDF Fusion - アセンブリ編集の特徴2 Corel PDF Fusion - アセンブリ編集の特徴3


Corel PDF Fusion - PDF作成 ステップ3:出力/セキュリティ

セキュリティ

Corel PDF Fusionには、セキュリティ保護のための機能が搭載されています。パスワードによる閲覧/印刷/編集の制限や128bit RC4暗号化、外部に公開する文書内の機密情報を黒塗りにする墨消し機能などを搭載。

Corel PDF Fusionでは、開いた文書にセキュリティ保護を追加することができます。セキュリティの設定は文書に応じて印刷の許可や編集、テキストコピーなどを自由に設定することができます。

Corel PDF Fusion - セキュリティ保護のための機能

ウォーターマーク

使用するウォーターマークは色や角度、不透明度などを自由に設定することができます。

Corel PDF Fusion - ウォーターマーク

墨消し機能

セキュリティ保護のために非公開にしたいテキストを塗りつぶす墨塗り機能を標準搭載。墨塗りにしたテキストは内部データも削除(テキスト選択も不可)されるため安全に使用することが可能です。

Corel PDF Fusion - セキュリティ保護のための墨消し機能


Corel PDF Fusion - その他の機能

バッチ変換機能

Corel PDF Converterを使えば、ドラッグアンドドロップ操作で簡単に複数の文書をPDFやDocファイルに変換することが可能です。

機能表示方法:メニューの文書→バッチ変換

Corel PDF Fusion - セキュリティ保護のための墨消し機能

ご購入された PDF Fusion をまだ登録されていない場合は、今すぐ登録いただくと以下の特典をご利用いただけます:

  • PDF Fusion の最新版を無料ダウンロードしてアップデート
  • Corel カスタマー サポートへ瞬時にアクセス
  • PDF Fusion に関する定期ニュースや情報の受信

今すぐ登録

FAQ - よくあるご質問と回答


Q1. Microsoft® WordなどのOffice系ソフトウェアから、PDF 文書を簡単に作成することはできますか?

アドインに対応したソフトウェア(Microsoft® Office 2003以降)を使えばPDF作成ボタンが追加されますので、そこから作成可能です。(アドインはMicorsoft® Office製品で使用可能です)


Q2. 印刷可能な、どのアプリケーションからでも、印刷メニューで選択するだけで PDF文書を作成できますか?

印刷時に「Corel PDF Creator」を選択することでPDFファイルとして出力することができます。


Q3. PDFファイルの表示、編集、注釈の付加または印刷を許可するかどうか設定できますか?

PDF Fusionは、PDFファイルの表示、編集、注釈付加、印刷許可/不許可の設定を行うことができます。


Q4. PDF文書にパスワードをつけ、第三者が機密性の高い文書を開いたり表示することを防ぐことはできますか?

パスワードの追加と暗号化が可能です。また、文書の一部を黒塗りにして機密を保持する墨消し機能も搭載されています。


Q5. AIファイルを開くためには特別な保存方法が必要ですか?

Adobe® Illustator®のCSシリーズをご利用の場合、AIファイルを保存時に「PDF互換ファイルを作成」を有効にして保存してください。


Q6. メニューは日本語ですか?

はい、日本語で表示されます。


Q7. 作成、編集したPDF文書をWordに変換することはできますか?

Wordファイル(.doc)への出力は可能です。


Q8. PDF Fusionで作成、編集、保存されたPDFファイルは、無償で配布されている閲覧用ソフトウェアを使用して閲覧や印刷が可能ですか?

はい、可能です。


Q9. 一度作成したPDFファイルから、任意のページを削除、あるいは新たなページ追加や順番入れ替えは可能ですか?

はい、可能です。PDF Fusionのアセンブリ編集機能を使えば、複数のファイルとページ単位で入れ替えや順番変更などを簡単に行うことができます。


Q10. テキストの直接編集はできますか?

はい、可能です。


Q11. PDF保存時に同名ファイルがある場合、ファイルは上書きされますか?

同名ファイルがある場合、上書きするかどうかを確認するメッセージが表示されます。誤操作を防止するため、「保存」ボタンはなく「名前を付けて保存」から保存を行います。設定を変更すると、変更したPDFを保存した際に元ファイルのバックアップコピーを自動生成することが可能です。

システム要件
  • Microsoft® Windows® 10, Windows® 8, Windows® 7, Windows Vista®, Windows® XP (最新SP適用)32bitまたは64bit版
    ※Windows 10環境でのご利用にはPDF Fusion 1.14 が必要です。詳細は [Windows 10対応について] をご参照ください。
  • 1.3 GHz 以上のCPU
  • 512 MB 以上のRAM (1 GB 以上を推奨)
  • プログラムインストールのために250 MB 以上のハードディスク空き容量
  • 1,024 x 768 以上の画面解像度

対応入力形式

  • Microsoft® Word 1.0-2010(doc, docx)
  • Microsoft® Excel® 3.0-2010(xls, xlsx)
  • Microsoft® PowerPoint® 3.0-2010(ppt, pptx)
  • Adobe® Illustrator® 4.0-7.0, 9.0-10.0, CS1-CS5(ai)
  • Adobe® PhotoShop® 4.0-7.0, CS1-CS5(psd)
  • Adobe® Acrobat® 1-X(pdf)
  • Corel® WordPerfect® 5.1-X5(wpd)jpeg, tiff, png, bmp

対応出力形式

pdf, doc, xps, png

無料でここまでできるPDF Fusion

Corel PDF Fusionは30日間の無料体験版をご用意しており、試用期間内はすべての機能を無料で使用することができます。

30日間の試用期間が終わっても、すぐアンインストールする必要はありません。 試用期間終了後は、ファイルの保存時にウォーターマークが自動で追加されますが ファイル閲覧機能(ページ表示、フリック表示、アセンブリ表示)については 試用期間終了後も従来通り使用でき、PDFやMicrosoft® WordやExcel®、PowerPoint®のほか、Adobe® Illustrator®やAdobe® Photoshop®で使用されるファイルの閲覧も行うことができます。

Corel PDF Fusion - 試用期間後も無料でファイル閲覧可能

Windows 10 対応について

PDF Fusion を Windows 10 で使用する場合、以下の点にご注意ください。

バージョン番号の確認:

Windows 10 で PDF Fusion を使用する場合は PDF Fusion バージョン 1.14 をご利用ください。
PDF Fusion のバージョン番号は、以下の方法で確認できます。

  • PDF Fusion を起動する
  • [ヘルプ]-[バージョン番号] を選択し、「Corel PDF Fusionのバージョン番号」 ウィンドウを表示する
  • ウィンドウ下部に記載されているバージョン番号を確認する (例. バージョン: 1.14)

表示されたバージョン番号が 「1.14」 またはそれ以上であれば、ソフトウェアをアップデートする必要はありません。
現在お使いになっている PDF Fusion をそのままご利用ください。

PDF Fusion バージョン 1.14 の注意点:

PDF Fusion バージョン 1.14 では、Microsoft Office アドオンがインストールされません。
PDF Fusion ソフトウェアの機能で Microsoft Office ファイルをPDFファイルに変換することはできますが、
Microsoft Office ソフトウェア上に PDF Fusion のオプションは表示されませんのでご注意ください。
Microsoft Office アドオンで PDF Fusion を使用する場合はバージョン 1.14 にはアップデートせずにご利用ください。

PDF Fusion バージョン 1.14 のインストール:

お持ちの PDF Fusion のインストールプログラムがバージョン1.14 より前のバージョンのインストールプログラムの場合、
本ページ上部の [体験版はこちら] ボタンをクリックして PDF Fusion バージョン 1.14 のインストールプログラムを
ダウンロードしてインストールを行ってください。

以前のバージョンの PDF Fusion がインストールされている環境でご利用いただく場合は、以下の 「PDF Fusion のアップデート」
の手順でアップデートを行ってください。

PDF Fusion のアップデート:

コンピュータにバージョン 1.14 より前のバージョンの PDF Fusion がインストールされている場合は、以下の手順で
PDF Fusion のアップデートを行います。

  1. (1) PDF Fusion のシリアル番号(xxxx-xxxx-xxxx-xxxx)を確認
    インストール済みの PDF Fusion のシリアル番号を確認します。
    PDF Fusion のシリアル番号が手元に残っている場合、この操作は必要ありません。次の(2)の操作に進んでください。
    1. PDF Fusion を起動する
    2. [ヘルプ]-[シリアル番号の入力] を選択し、「シリアル番号」 ウィンドウを表示する
    3. 「シリアル番号の入力」欄に入力されている文字列(シリアル番号)を書き留める
  2. (2) インストール済みの PDF Fusion ソフトウェアをアンインストールする
    Windows OS のプログラムアンインストール機能を使用して、インストール済みの PDF Fusion をアンインストールします。
    1. コントロールパネルの 「プログラムのアンインストール」 または 「プログラムの追加と削除」 機能を起動する
    2. インストール済みプログラム一覧から 「Corel PDF Fusion」 を選択してアンインストール(削除)を行う
  3. (3) PDF Fusion のインストール
    PDF Fusion バージョン 1.14 をインストールします。
    1. 本ページ上部の [体験版はこちら] ボタンをクリックして、PDF Fusion バージョン 1.14 のインストールプログラムを
      ダウンロードする
    2. ダウンロードしたインストールプログラムをダブルクリックして起動する
    3. 「ユーザー情報を入力してください」 画面の 「シリアル番号を持っています」 をチェックし、「シリアル番号」 欄に
      上の(1)で確認した PDF Fusion のシリアル番号(xxxx-xxxx-xxxx-xxxx)を入力してインストールを進める